タグ:映画 ( 5 ) タグの人気記事

ゆっくりの日曜日

今日は本当にゆっくりと過ごす事が出来ました。
昨日土曜日は、うちで撮影をしたために足の踏み場がないような感じだったので
徹底的に片付けをし、夕方からは友人と「スシロー」に行ってきました。
なかなかスシロー楽しかったです。

日曜日
撮影の残り物をいただいてあり
この頃体も浮腫んでいたり、ダイエットもしだしたので
初物のスイカで過ごしてみようと頑張ってみました。
c0214190_0435825.jpg

こんなにスイカをちゃんと食べたのはいつの事だっただろうか?
多分10年くらい食べていなかったのではないかと思います。
あまりスイカが好きでなかったという事もあるのですが
それにしても懐かしい味でした。
スイカは利尿効果もあるという事で本当に浮腫の解消になる事か。。。

しかし
やはりおなかがすいてしまい、夕飯はちゃんと食べてしまいました。
それもいつもよりも多めに。。。ダイエットどころではありませんでした。

夕飯を食べた後はこの頃日課になっている
DVD鑑賞(笑)
本日はリーグオブレジェンド
c0214190_0474582.jpg

しかしこの映画、無茶苦茶です。
ソロモン王の洞窟のクォーターメイン、
海底二万里のネモ船長、
吸血鬼ドラキュラのミナ、
透明人間のスキナー
ドリアン・グレイの肖像のドリアン、
トム・ソーヤーの冒険のトム、
ジキル博士とハイド氏のジキル。
みーんな一度は見た事のある主人公が勢揃いするのです。
そしてそれぞれの物語の有名どころのストーリーがちょっぴり出てきたりで楽しい。

みんな有名な登場人物だけに
知らない人は少ないと思いますが
もしも知らないでみてみたら、それはまた違った意味で楽しめる映画かも知れません。
[PR]
by ken6345 | 2011-06-06 00:57 | プライベート | Comments(0)

プロヴァンスの贈りもの

この頃お話ししていますが、買いだめてあるDVDをようやく見始めています。
昨晩はこれ
故郷を捨てて大都会ロンドンでトレーダーとして
お金をゲームのようにころがすマックス

急死した叔父の遺産を相続するために
田舎町プロヴァンスに向かい、とんぼ返りして仕事に戻る予定だったのですが
アクシデントなどでとどまる事になりました。

本来は広大な遺産を売却するために戻ったプロヴァンスですが
そこで滞在するマックスは幼い頃の記憶がよみがえり
そして大切な人との出会いが
彼を変えていきました。

自分も故郷を離れ東京で暮らし、このままずっとここにいるつもりではありますが
規模があまりにも違いすぎるので、共感はありませんが
故郷に関しては少し考えさせられた映画でした。
c0214190_12294065.jpg

[PR]
by ken6345 | 2011-06-01 12:30 | 映画 | Comments(0)

SPACE BATTLESHIP ヤマト

金曜日
予定されていた撮影がキャンセルになりました」。
1日どう過ごそうかと考えていた所

友人が働き過ぎで体調を崩ししまい、
その気分転換に外出したいとお誘いがありました。
首都高を飛ばし彼の家へ、そして向かった先は代官山
ショッピングに付き合いました。
お目当てのものは無く、腹が減ったので
イタリアンを。

c0214190_12355475.jpg
c0214190_12352490.jpg
c0214190_12372474.jpg

まだ日が暮れていないというのにしっかりと食事をしました。
その後、学芸大学までまた買い物に行き
彼はお目当てのジーンズを購入。

それからどこいこうか?ということで
笹沢さん、僕映画が見たい
という事で、今度は木場に映画を見に行きました。
上映開始時間の関係もあり、ちょっと話題にもなっていた
SPACE BATTLESHIP ヤマトのチケット大人2枚購入。
映画の感想ですが20代の彼と自分は大きく評価が違っていました。
自分の感想ですが
エンターテーメントとしてはなかなか楽しめた映画
でも、自分の「映画」というカテゴリーとしてはつまらないものでした。
オープニング、放射能汚染で地下の都市の映像から始まるのですが
そのシーンは期待一杯の映像でした。
重々しくこれから先のストーリに期待を持ちながら見ていました。
しかし、その後はがらっと雰囲気が変わり
ただ薄ぺらいまま時間だけが過ぎていきました。
日本のSF映画の限界をというか、何から何まで中途半端。
人類滅亡まで1年間の緊張など一切無く
(地球上の登場人物と言ったら、司令長官と数人の記者だけ)
14万8千光年の壮大な宇宙の旅というよりも
ちょっとフェリーで隣の島へという感じのものでした。
ハリウッドのような予算が無い中での映像化は
頑張ったな〜と思いましたが
ほとんどがCG。
せめて艦内などセットはもう少しリアリティーを大切にしてほしかったと思います。
艦内映像も、最強の戦艦大和の雰囲気というよりも
体育館の中の格納庫という感じでした。
多くのシーンに使われた、乗務員の娯楽室も
あの大きなヤマトの施設としては小さすぎだし
雰囲気も学生時代を思い出したんだけど
狭い学食って感じ。
宇宙戦艦のイメージは皆無です。

全てをCGで表現するのは予算上仕方がないことですが
せめてもうすこしミニチュアの実写を使ったり
あの大きなヤマトの船内を多方向から表現してほしかった。
映像以外にも、演出もよくわからない。
昼ドラの恋愛映画でもないだろうし、う〜ん。。。
あまりに説明しにくいので、まだ見ていなくて気になっている方はぜひ劇場へ。

劇場で見るまでもないと言っている人もいますが
いや。。。これテレビで見たらもっとひん弱になってしまうのかも。
これは劇場で見ないとだめだと思う。

ガミラスもいったいなんなの?て感じだし、イスカンダルも。

ヤマトの一番の見せ場波動砲発射シーンも見ればわかるんだけど
笑ってしまう。

でも泣けたシーンがありました。
何十年も前だけどショートサーキットというロボット映画があったんだけど
それを思い出すかんじで
アナライザーが敵に破壊されたところは泣けてきた。

なんか「バーティカルリミット」を思い出すようなところもあったけど
でもやっぱり軽すぎる。

そんなこんなでいろいろ書いたけど
期待が大きかっただけにがっかりしたというのが本音で
気楽に娯楽としてみるには楽しめるものだと思います。

映画はそのへんで
映画が終わったのが夜11時頃
それから彼の家の近くまで車を」飛ばし
何を食う?という事になりました。

やばい。。。すでに金を使いすぎていると思いながらも
一軒の寿司屋へ。
昼間は回転寿し、夜はカウンターという面白い寿司屋だったのですが
カード支払いが出来る事を確認して店内へ。
なかなかおいしい寿司でした。
またまた写真を撮り忘れていて
巻物の写真ですが
一杯食べた。
c0214190_13294024.jpg


そして支払いを済ませ
やっぱり自分たちは閉めはスイーツだよなと
すぐ隣のジョナへ
c0214190_13305987.jpg


さすがに苦しさを通り越していました。
あ〜でも
本当に楽しかったといわれ自分も嬉しかったし
自分も1日楽しめた。
もっと頑張って働くから、また贅沢しような!

帰宅は深夜2時を回っていましたが
食べ過ぎで腹の調子が悪く眠れなかった事だけは
想定外でした。
[PR]
by ken6345 | 2010-12-18 13:40 | プライベート | Comments(0)

フォレストガンプ 一期一会

今晩は家にあるDVDを見ていました。
だいぶたまったDVDも封も開けていないものも、何十回と見たものもなので
一度、ランダムに取り出してゆっくりと見始めました。
映画は大好きで、たくさんの映画を見てきたのですが
そのほとんどは、見て自分の感性の中だけに閉じ込めてきました。
こうしてブログに書いてみようと思ったのは
なんだかよくわかりませんが、人とは違った切り口で
評論ではなく記録として書いてみたいと思っています。

今日は、ふと見てみたくなった
トムハンクスの、フォレストガンプ一期一会。
ちょっぴりIQの低いフォレストの思い出話のストーリーと、その思い出を話し合った後のストーリーの二部に分かれています。
大人になったフォレストがバスストップで見知らず人に自分の半生を話すストーリに好感を持ちました。

幼年期からの初恋の女性を思い続けて行くストーリーに
彼の愛の深さを感じることができとても共感しました。

決して相手が求めている愛ではないし、フォレスト自身、彼女からは男性としては見てもらえない
そんな切なさの中にも、一途なフォレストの気持ちに心を打たれました。
そもそも、彼の中にはジェ二ーしかなく、また大人になってからのジェニーはの登場シーンは
まったく彼女の都合でしかないのですが、
そこには大部分の人は否定的な考えなのでしょうが、自分はそれがとても心うたれました。

フォレストは最終的には全米を代表する富豪へとなって行くのですが
その半生は、フォレストが人を純粋に愛す、そんな愛情と友情によって成し遂げられています。

フォレストには理屈など一切無く、純粋に友人を大切にし、約束を守る
そして、愛するジェニーを思い続ける純真な心は、
バスストップで見知らぬ人に独り言のように話す演出によって
本当に純真さがアップしています。

日本役のサブタイトル
一期一会はまさにぴったりだと

原作の小説とはだいぶ内容は違うのですが、多くを詰め込むよりも
シンプルにしたこの映画はすばらしいものだと思います。

主な登場人物は、バス停で待つ人々、そして
戦友のババ、ダン少尉、永遠の恋人ジェニー、そしてフォレストを本当に愛した母のシンプルな構成ですが
細かいところではトムハンクスの娘が少しだけ出演していたり、
時代の大きな事件を取り入れたり、ジョンレノンを映像技術で出演させたりと
映画的にも面白いものでもありました。

現実社会ではフォレストはわがままな、相手の気持ちを考えない
単なるジェニーに依存しきった人間なのかも知れません。
当然のごとく、そのような愛はジェニーにも迷惑もかけていて。
このような行いは自分も反省すべきところもあるのですが
それをふまえても、フォレストの人間性は自分に似ていると思いました。。。
現実社会では生き残れないのかもしれません。
現実を知ろうとしないフォレストだからこその物語。


でも人生チョコレート箱のようなもの
開けてみなければわからない。
フォレストの母の言った言葉には、自分も勇気付けられます。

そして他人のチョコレート箱の中身は自分の考えに押し付けてはならないと思うのです。
開けてみたチョコレート箱の中身は
共感を得たい相手とは全く違うものでもあると思う。
それが人生だと思うし、いつの日か、
フォレストのように、全く同じチョコレート箱を開ける奇跡が起きるかもしれません。

現在、東京などでは
この物語にちなんだレストランが何件かあります。
東京ではラクーアとららぽーと豊洲
過去に撮影した写真ですが
映画の記憶とともにここに貼付けておきます。

実際にババは頭の中はエビしか無い人間で
そこでは、ババが思いつく限りのエビ料理が出てきます。
そんな素朴なエビ料理もメニューにあれば良いのですが。

c0214190_3311836.jpg
c0214190_33135100.jpg

さて自分はどんなチョコレート箱をこれから開けるのでしょうか?。。。

c0214190_334359.jpg

[PR]
by ken6345 | 2010-04-18 03:33 | お奨めの一本 | Comments(0)

世界最速のインディアン


久しぶりにのんびりとビデオ鑑賞
実話に基づいたちょっぴり元気の出る作品を見ました。
1967年
アンソニーホプキンス演じるニュージーランドに住むおじいちゃんは
年代物のオートバイ、インディアン号ととも海を渡り
聖地アメリカに。
世界最速を競う大会に出るために
様々な人に助けられながら旅を続ける。
2009年の今でもおじいちゃんの記録は破られないのです。
思えば、自分はおじいちゃんよりも20歳若い
まだまだ挑戦の時期なのです。
c0214190_238421.jpg

[PR]
by ken6345 | 2009-10-12 22:29 | お奨めの一本 | Comments(0)


雑誌を中心にしたカメラマン 笹沢写真事務所 ささやかな感じたもの


by ken6345

プロフィールを見る
画像一覧

エキサイト以外のリンク

お気に入りブログ

私生活について。
風が吹くと桶屋が儲かる....
禁煙日記
あにまるふぉとぐらふぁー

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

一瞬の帰郷
at 2017-07-24 19:27
ベランダ菜園
at 2017-07-16 14:12
疲れた(笑)
at 2017-07-11 21:30
ご近所旅行
at 2017-06-08 00:14
お味噌汁の撮影方法
at 2017-05-04 03:23

タグ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

記事ランキング

最新のコメント

誕生日おめでとうです!も..
by みっちい at 00:01
うわ~!いったいなんの写..
by kachoufuugetu246 at 22:35
ThanK you so..
by Jasmine at 10:14
あけまして、おめでとうご..
by みっちい at 22:51
うちのハイエースのナビも..
by koubin at 22:19
あれ?広島野ご両親が残念..
by ken6345 at 18:43
ごめん!へんなコメントで..
by kachoufuugetu246 at 23:34
牡蠣、食べれないんだけど..
by kachoufuugetu246 at 23:31
訪問ありがとうございます..
by kachoufuugetu246 at 21:33
kachoufuuger..
by ken6345 at 23:19

ライフログ

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

カメラ
写真家

画像一覧